安心ドッグフード選び

未分類

犬にとって安心なドッグフードの選び方としては、まずはアレルゲンを特定する事が大切です。検査は動物病院で行う事ができます。そして、アレルゲンが入っていないドッグフードを選ぶようにします。

また、食餌性アレルギーになりやすい食材として知られる穀類が含まれていない、もしくは含まれている比率が低いものを選ぶようにしましょう。
犬は、人とは違い胃腸が短く、更に穀類を消化する酵素アミラーゼを持っていない為に穀類を消化する事が得意ではなく、大量に穀類を食べると消化不良を起こし、下痢や嘔吐を引き起こす可能性もあります。また、栄養価としても穀類は犬にとっては重要ではないので、穀類が含まれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

関連リンク:カナガン|イギリス直輸入!グレインフリープレミアムドッグフード通販

さらに、市販のドッグフードの中には、人工添加物や肉副産物が含まれているものがあります。
人工添加物は、犬の健康によくないともいわれています。法律に決められている範囲内であれば問題ないとされていますが、注意しましょう。
肉副産物とは、羽や被毛などの人が食べる際には排除されるものの事で、粗悪品の中にはがん組織や腐敗した内臓などを用いているものもあります。ドッグフードの中にはこれらが含まれているものがあります。
健康に良い影響はないとされているので、人工添加物や肉副産物が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

アレルギーの種類

未分類

一般的に犬のアレルギーとして知られるのは、3つです。
1つ目は、食べ物がアレルゲンとなる食餌性アレルギーです。様々な肉類、牛乳、卵や穀物などがアレルゲンになるとされていて、その中でも最もアレルゲンになるとされているのが、穀類です。
また、穀類は多くのドッグフードで主原料となっている食材です。食餌性アレルギーは、主に仔犬などの若い犬に発症しやすいとされています。

2つ目は、アレルゲンを吸い込む事で発症するアトピー性アレルギーです。ハウスダスト、花粉、ダニ、真菌などが原因となり、顔面・四肢・腹部などに強い痒みを起こし、時に全身症状も生じることがあり、二次的に皮膚炎を引き起こす場合もあります。

3つ目は、アレルゲンを触る事で発症する接触性アレルギーです。どんなものでもアレルゲンとなりますが、特にシャンプー・ノミ取り首輪・絨毯・食器などが原因となり得ます。触った部位に炎症が引き起こされ、強い痒みが出たり、湿疹状態になります。

この3つの他にも蕁麻疹もアレルギー症状の1つとされています。蕁麻疹にはアレルギー性のものと非アレルギー性があり、アレルギー性の場合には食餌・薬物などがあります。蕁麻疹は、膨疹が発作性に発現し、短時間で消失します。

ドッグフードのアレルギー

未分類

犬のアレルギーの中には、食べ物が原因となってアレルギー症状が発現する食餌性アレルギーがあります。これは原因であるアレルギーを食べる事で発症し、食べる事を止めれば、症状は治まります。
症状としては、一般的には痒みが起こり、その痒みを収めようと犬自身が引っ掻いたり、噛んだりして皮膚炎が起こります。さらに、下痢や嘔吐といった消化器系の症状も発現します。
また食餌性アレルギーの特徴として、片側若しくは両側の耳に外耳炎が発症するというものがあります。これらの症状が発現した場合には、食餌性アレルギーを疑ってみましょう。

その原因となる食材は、市販されているドッグフードの中にも入っている事があり、飼い主や家族は注意が必要です。
アレルギー症状が発現した場合には、動物病院で診察や治療を受けるようにしたり、アレルゲンである食べ物をそれ以上食べさせないようにする事が大切です。アレルギー症状が発現するかどうかは、動物病院で調べる事ができるので、気になる人は1度調べてもらい、そのアレルゲンが含まれているドッグフードやおやつを食べさせないようにしましょう。

ドッグフードのパッケージの裏に含まれている原材料が記載されているので、アレルゲンが入っているドッグフードかどうかは容易にわかります。アレルゲンの入っていないドッグフードを選ぶようにしましょう。
犬は、アレルゲンが入っていないドッグフードを選ぶことはできません。それができるのは、飼い主や家族だけです。

アーカイブ

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031