安心ドッグフード選び

犬にとって安心なドッグフードの選び方としては、まずはアレルゲンを特定する事が大切です。検査は動物病院で行う事ができます。そして、アレルゲンが入っていないドッグフードを選ぶようにします。

また、食餌性アレルギーになりやすい食材として知られる穀類が含まれていない、もしくは含まれている比率が低いものを選ぶようにしましょう。
犬は、人とは違い胃腸が短く、更に穀類を消化する酵素アミラーゼを持っていない為に穀類を消化する事が得意ではなく、大量に穀類を食べると消化不良を起こし、下痢や嘔吐を引き起こす可能性もあります。また、栄養価としても穀類は犬にとっては重要ではないので、穀類が含まれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

関連リンク:カナガン|イギリス直輸入!グレインフリープレミアムドッグフード通販

さらに、市販のドッグフードの中には、人工添加物や肉副産物が含まれているものがあります。
人工添加物は、犬の健康によくないともいわれています。法律に決められている範囲内であれば問題ないとされていますが、注意しましょう。
肉副産物とは、羽や被毛などの人が食べる際には排除されるものの事で、粗悪品の中にはがん組織や腐敗した内臓などを用いているものもあります。ドッグフードの中にはこれらが含まれているものがあります。
健康に良い影響はないとされているので、人工添加物や肉副産物が含まれていないものを選ぶようにしましょう。